厳しい法律があります|ガレキ選別は専門の業者に任せる|地球の環境を守る為に
作業員

ガレキ選別は専門の業者に任せる|地球の環境を守る為に

厳しい法律があります

工場

誰でも処分できるのか

産業廃棄物処理については、廃棄物の処理および清掃に関する法律によって、厳しく処理方法が定められています。同法は、略して廃棄物処理法と言われますが、廃棄物処理法では、産業廃棄物の処理に関する責任が、排出事業者、つまり、それぞれの事業所にあると決められています。そのために、処理をいい加減な業者に任せてしまい、どこかに不法投棄をされたり不適正な処理をされた場合には、排出事業所が行政処分を受ける可能性があるのです。都道府県知事による産業廃棄物処理業の許可制度があり、産業廃棄物処理業者の設備などによって取り扱える産業廃棄物の種類が細かく定められています。それらの情報は公開されているため、簡単に調べることができますし、お近くの保健所で相談することも可能です。

具体的な手続きは

産業廃棄物処理は、大きく分けて、収集運搬、中間処理、最終処分の工程で許可がされています。収集運搬は、それぞれの事業所で廃棄物を収集し、それを中間処理業者へ運搬していくための許可です。ここでいい加減な業者に頼んでしまうと、どこかへ不法投棄されるなどして、大きな問題に発展する可能性があります。中間処理業者では、焼却処理や破砕処理をし、中間処理をしたものは、リサイクルに回されるものと最終処分されるものに分かれます。最終処分の多くは、雨水などがしみ込まない構造の処分場に埋め立てされます。この様に、排出事業者は最後まで自社で排出した産業廃棄物を管理する責任があり、それをマニフェストという管理票で管理します。適正な処理には相応の対価が必要ですが、安い業者に不適正な処分をされることによる社会的な信用失墜と比べれば損失は比べものになりません。必ず、適正な処理を行う業者を選ぶようにしましょう。